事業案内 ~ プラスチック中間処理事業所リボーン ~

プラスチック中間処理業務、主役は障害者であることを念頭に、安全で安心して気持ちよく働き続けられる職場

事業方針

「障がいを持つ人たちが、その人らしい自立した生活が住み慣れた地域で送れるよう支える」という理念のもとに「安全で、安心して気持ちよく働き続けられる職場」を創っていく。

八王子市からの要請に品質・生産量ともに日々100%応えていく。

事業所の概要

1)設立の経過

平成16年6月八王子市環境部より話があり、八王子ワークセンターで準備を進め臨時総会で設立の承認を得ました。

2)平成16年10月1日発足

発足当社人員

(所長1名 現場職員3名 臨時8名)

他、ワークセンター会員各施設から利用者を含めた多数の応援と協力を得ながら立ち上げを行いました。

3)平成22年6月1日現在の構成人員

所長 1名
現場指導職員 7名
事務・相談職員 1名
障害のある職員 21名(知的16名 精神5名)
臨時職員 9名
合計 39名

プラスチック中間処理事業所リボーンのご紹介

  1. 八王子市より、業務委託を受けたプラスチックの中間処理業務

  2. 月~金(祝祭日を含む)の毎日、市内の家庭や店舗から袋に入れて収集され搬入されるプラスチックを破袋・選別し機械でプレスして出荷する中間処理業務。

  3. 1日処理量
    冬場6.0t~夏場8.0t

  4. リボーンでは「主役は障がい者である」ということを念頭に、楽しく、元気に働ける職場作りを目指して日々努力しています。

お仕事のご紹介

● リボーンの取り組み

現在のリボーンは・・・

  1. 処理量・品質など市の要望完遂

  2. 安全・5Sの徹底(整理・整頓・清潔・清掃・安全

  3. 各種行事実施

  4. 障がい者の方の定着率を高める

  5. ジョブコーチ、各種研修会受講、定期的な勉強会など職員研修に努め、支援 力を強化

  6. 職場体験・実習場としての受入れ体制

  7. 最低賃金など労基法や社会保険加入などの法令順守

  8. 国の障害者雇用諸施策を活用しての助成金申請(1年間で約7~8種の助成金を申請)

などに取り組んでいます。今後もより一層充実した職場を目指し職員一同勉強していきます。

● 作業工程「内容」

①八王子市内で収集車がペットボトルを回収しているところ。

②収集車が市内から集めてきたペットボトルを「リボーン」の工場におろしているところ。

③作業台でビニール袋を砕く作業。意外と力が必要で大変な作業です。

④ベルトコンベアを使い異物を取り除く作業。いつもゴミが多くて大変です。

⑤選別したペットボトルを機械で圧縮(プレス)し「ベール」状にする。

⑥このような形で次の工場へ搬出します。

アクセス・お問い合わせ


大きな地図で見る

プラスチック中間処理事業所リボーン(事務所)

電話: 042-649-6791
FAX:
E-mail:
住所: 〒193-0802
八王子市犬目町6 奥富ビル2階
受付時間:
定休日: 土曜、日曜
アクセス:


大きな地図で見る

プラスチック中間処理事業所リボーン(工場)

電話: 042-696-6220
FAX: 042-692-3320
E-mail: reborn@s4.dion.ne.jp
住所: 〒193-0802
八王子市戸吹町1920
受付時間:
定休日:
アクセス:
  • 就労支援ふらん
  • 地域活動支援センターわくわく
  • 放課後デイサービスわくわく
  • プラスチック中間処理事業所リボーン
  • ワークポート
  • 喫茶クリエイト
  • 障害者団体支援かてかて
  • 売店はっち
  • 正会員募集中
  • ご協力のおねがい